ネットネット株と売上債権

NCAV式ネットネット株では、企業の価値を測るために流動資産を用います。

この流動資産には、現金預金、売上債権、有価証券、棚卸資産が含まれています。

このうち売上債権については、回収が困難な不良債権が多く含まれていないかを考慮する必要があります。

この売上債権が、幾年も滞留している不良債権であるならば、適正な資産とは言えないことになるからです。

この点で、「売上債権回転率」を見ることは、売上債権が望ましい資産であるかを判断するバロメーターと言えます。

売上債権回転率とは、売上債権の運用効率を表す指標で、単位は「回転」です。1年間に何回転しているかを表します。数値が大きいほど望ましく、売上債権が順調に回収されていることがわかります。反対に小さいほど債権回収に時間を要していることになります。

下の表は、NCAV式ネットネット株を「流動資産に占める売上債権の割合」が高い順に並べたものです。

コード銘柄流動資産に占める
売上債権の割合
(%)
売上債権
回転率
(回)
5921川岸工67.81.38
4629大伸化学66.93.46
7427エコートレーディング66.45.12
7460ヤギ60.63.50
6973協栄産業60.23.83
8084菱電商58.34.45
2055日和産業48.44.24
5461中部鋼鈑48.13.26
5956トーソー48.14.55
8249テクノアソシエ47.43.81
7467萩原電気HD47.05.96
3321ミタチ46.47.43
9995グローセル46.34.69
8152ソマール44.34.04
9867ソレキア42.83.56
7887南海プライウッド42.85.47
7422東邦レマック42.67.83
5816オーナンバ42.43.67
1948弘電社42.43.12
7922三光産業41.43.86
6715ナカヨ39.92.86
6303ササクラ39.91.05
6496中北製作所37.73.11
7266今仙電機37.65.46
6390加藤製36.62.24
4231タイガースポリマー36.34.03
6964サンコー36.33.97
6637寺崎電気36.12.86
5900ダイケン35.24.61
8046丸藤パイル34.93.35
4224ロンシール工業34.44.62
6771池上通信機32.22.74
7537丸文32.14.42
5971共和工業所31.64.37
6794フォスター電28.84.80
7021ニッチツ27.84.08
5363TYK26.53.26
7399ナンシン25.53.28
2917大森屋25.36.23
5993知多鋼業25.34.01
5983イワブチ25.14.38
6142富士精工24.36.94
8013ナイガイ23.54.82
6986双葉電子工業22.73.67
3952中央紙器工業22.65.34
3600フジックス18.55.18
4624イサム塗料17.23.56
8881日神グループHD17.14.98
6943NKKスイッチズ16.05.29
6416桂川電機15.77.85
5304SECカーボン15.63.33
4957ヤスハラケミ12.75.66
7297カーメイト12.57.31
1879新日本建12.17.00
6346キクカワエンター11.23.91
1451KHC10.98.69
5979カネソウ10.86.15
3504丸八HD10.63.03
7314小田原機9.82.38
9854愛眼9.119.36
2408KG情報6.25.78
8995誠建設5.711.42
5280ヨシコン3.622.47
8877エスリード3.023.46
6249ゲームカード・ジョイコ2.88.41
8904AVANTIA2.134.52
9885シャルレ1.560.56
8844コスモスイニシア1.359.28
5078セレコーポレーション1.084.51
2982ADワークスグループ0.3126.71
8772アサックス0.0
8617光世証券0.0
7338インヴァスト0.00.27

川岸工業(5921)は、売上債権割合が50%を超えているにもかかわらず、回転率は1回台に抑えられています。建設業の特殊性も考慮すべきですが、売上債権が滞留している可能性を感じさせます。

流動資産に占める棚卸資産の割合が30%を超える銘柄については、棚卸資産回転率を過去に遡って確認したり、海外売上高割合や主要取引先をチェックしておくことで、適切な価値評価を行うことができると考えています。

今回もご覧くださり、どうもありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください