今月の名言:「安全域は、常に支払われる価格によって決まる」(グレアム)

【最新】米国NCAV式ネットネット株ランキング-2022年6月22日版

こんにちは、しーげる(@siegel)です。

最近、リスク分散の必要を感じ、海外のネットネット株のリサーチを始めています。

まずは、米国市場の代表的なネットネット株をスクリーニングしましたので、米国NCAV式ネットネット株ランキングとしてアップします。

なお、このランキングでは、日本国内証券会社(SBI証券)から取引できる銘柄に限定しています。

米国ネットネット株ランキング:

順位コード銘柄P/NCAV
1TBLTToughbuilt Industries Inc0.03
2TANHTantech Holdings Ltd0.07
3SECOSecoo Holding Ltd – ADR0.09
4TLISTalis Biomedical Corp0.11
5FAMIFarmmi Inc0.16
6QDQudian Inc – ADR0.16
7HAPPHappiness Development Group Ltd0.20
8TNXPTonix Pharmaceuticals Holding Corp0.20
9AFIBAcutus Medical Inc0.22
10NBRVNabriva Therapeutics PLC – ADR0.22
11NVFYNova Lifestyle Inc0.25
12AVROAvrobio Inc0.25
13CABACabaletta Bio Inc0.26
14INPXInpixon0.26
15APTXAptinyx Inc0.28
16CALACalithera Biosciences Inc0.28
17AIKIAikido Pharma Inc0.32
18PULMPulmatrix Inc0.33
19CLBSCaladrius Biosciences Inc0.34
20NVIVInvivo Therapeutics Holdings Corp0.35
21CREGChina Recycling Energy Corporation Common Stock0.36
22ASTCAstrotech Corp0.36
23GLMDGalmed Pharmaceuticals Ltd0.37
24ACHLAchilles Therapeutics PLC0.38
25NXTCNextCure Inc0.41
26TCRRTcr2 Therapeutics Inc0.41
27FTFTFuture Fintech Group Inc0.44
28GUREGulf Resources0.45
29MSNEmerson Radio Corp0.45
30ORTXOrchard Therapeutics PLC – ADR0.45
31GIGMGigamedia Ltd0.46
32SYNSynthetic Biologics Inc0.47
33SYNSynthetic Biologics Inc0.47
34AEZSAEterna Zentaris Inc.0.49
35DOYUDouYu International Holdings Ltd0.49
36UTSIUTStarcom Holdings Corp0.50
37VHCVirnetX Holding Corporation0.50
38ADVMAdverum Biotechnologies Inc0.51
39ARTLArtelo Biosciences Inc0.55
40TUSKMammoth Energy Services Inc0.56
41XBIOXenetic Biosciences Inc0.56
42FFHLFuwei Films (Holdings) Co Ltd0.58
43XNETXunlei Ltd0.57
44VIOTViomi Technology Co Ltd – ADR0.58
45WISAWiSA Technologies Inc0.59
46AQBAquabounty Technologies Inc0.59
47VISLVislink Technologies Inc0.60
48BSQRBSQUARE Corporation0.61
49BZHBeazer Homes USA0.61
50NNDMNano Dimension Ltd – ADR0.61
51LUMOLumos Pharma Inc0.63
52RCONRecon Technology0.65
53XBITXBiotech Inc0.65
54ABIOArca Biopharma Inc0.66

該当銘柄は増加傾向にあります。

しかし、大半がバイオ銘柄、中国銘柄、不動産銘柄で個人的には投資を控えるたい銘柄群です。

改めて、日本市場には質の高い割安株が多いことを実感させる結果になりました。

今後、投資対象となるネットネット株が出てきたなら、保有を検討していきたいと考えています。

今回もお読みくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください