今月の名言:「安全域は、常に支払われる価格によって決まる」(グレアム)

ノバック (5079)の銘柄紹介 ― IPO銘柄の建設会社は買い?

6月17日時点でのNCAV式ネットネット株にノバック(5079)という東証スタンダード銘柄があります。

2022年3月に新規上場したばかりの建設会社です。

主な事業は、

  • 社会インフラ建設工事(道路・橋梁、河川・ダム、ケーソン、トンネル・シールド、上下水道、造成工事)
  • 建築工事(サービスエリア施設、マンション、庁舎・事務所、医療施設関係、物流倉庫)
  • リニューアル工事(公共施設、テナントビル、マンション)

といった官公庁などが発注する工事の施工です。

このノバックは、ネットネット株投資家として購入できる銘柄なのでしょうか?

この記事では、以下の7つの視点から検討してみました。

①NNWC式ネットネット株指数

当企業の資産内訳(NNWCの計算式適用後)を見ると、119億円の現金預金や123億円相当の売上債権(契約資産を含む)を保有しています。

負債の内訳を見ると、有利子負債はありません。

高換金性資産から総負債を除いたNNWC(正味流動資産)は133億円です。

時価総額をNNWCで割ったネットネット株指数(P/NNWC)は0.82になり、NNWC式ネットネット株に該当していません。

しかし、NCAV式のネットネット株指数では0.66になり、NCAV式ネットネット株には該当しています。

IPO直後の銘柄であるため、過去のネットネット株指数は算出できません。

②売上高・営業利益・BPS

新規上場したばかりですが、売上高は伸び悩んでいます。

営業利益は黒字を維持しており、本業での儲けを出し続けています。

BPSは、過去5年間で2.09倍に成長しています。

③ROE

ROEは、10%超で推移しています。

最終黒字を維持しています。

④キャッシュフロー

2021年以降、営業キャッシュフローもフリーキャッシュフローもプラスを維持しています。

⑤配当

現在の配当利回りは5.74%です。

⑥リスク

製造業ではないため、災害により工場が損害を受けるリスクはなく、震災に対して脆弱な銘柄ではありません。

⑦株価

上場直後から下落基調にあり、最安値周辺で推移しています。

出典:SBI証券

その他の特記事項

買収防衛策は導入されていません

まとめ:

NNWC式ではなく、NCAV式のネットネット株です。

上場後間もない銘柄ですが、早くもネットネット株水準にまで売り込まれています。

売上高・営業利益・BPS・NNWCともに上昇しており、ROEやキャッシュフローも問題ありません。

現在の株価水準であれば、ポートフォリオに組み入れておきたい銘柄です。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください