今月の名言:「安全域は、常に支払われる価格によって決まる」(グレアム)

出前館(2484)の銘柄紹介 ― 業績悪化が続く出前仲介サイト運営企業

こんにちは、しーげる(@siegel)です。

最近、NNWC式ネットネット株候補の1つに登場してきた銘柄に、出前館(2484)という東証スタンダード銘柄があります。

出前館は、飲食店出前仲介サイトを運営する企業です。

ネットネット株投資家として、購入対象となる銘柄なのでしょうか?

この記事では、次の6つの視点をチェックしてゆきます。

①NNWC式ネットネット株指数

当企業の資産内訳(NNWCの計算式適用後)を見ると、684億円分の現金預金を保有しています。

負債の内訳を見ると、有利子負債がほとんど存在していません

総負債を除いたNNWC(正味流動資産)は613億円です。

時価総額をNNWCで割ったネットネット株指数(P/NNWC)は0.93になり、現時点ではNNWC式ネットネット株に該当していません

過去6年間のNNWC式ネットネット株指数の推移を見ると、過去6年間で最も割安な水準に達しています。

NNWCは急増しています。

②売上高・営業利益・BPS

売上高は急拡大しています。

一方、営業利益は急減しています。

BPSも減少しています。

③ROE

ROEが大きく低下しています。

④キャッシュフロー

営業キャッシュフローもフリーキャッシュフローも、著しく低下しています。

キャッシュフローが非常に悪化しているため、株主還元策の拡充を期待できません。

⑤配当

2020年以降、無配に転落しています。

⑥リスク

日本全国でサービスを展開しているため、災害リスクの分散化は図られています。

その他の特記事項

買収防衛策は導入されていません

海外投資家は23.7%に達しているものの、直近株主総会の決議における賛成割合は88%に達しており、アクティビストの介入余地は乏しいように思われます。

まとめ:

現金預金が厚く、バランスシート上は割安なバリュー株に見えます。しかし、業績は著しく悪化しており、各指標は資金を投じるには危険であることを示唆しています。

ネットネット株水準に達することがあっても、個人的にはポートフォリオに組み入れたい銘柄ではありませんでした。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください