今月の名言:「安全域は、常に支払われる価格によって決まる」(グレアム)

緊急時の対応マニュアル

大地震と株式投資』(菊地誠一)を読んだことをきっかけに、危機対応について考えています。

本書の中で、著者がどのように備えているか、次のように言及しています。

大きな課題になったのが、自分で運用している資産(金融資産)が「イベントX」の発生でどうなるかという懸念、それに対する対策を考えを実行することでした。

その一環として、次のような点を考え、実行しておいたのです。

それは、―①自分の身や家族の生命が安全であること、②証券市場が閉鎖されないこと、③自分のネット取引サイトも機能していること―という条件が成り立っているなかでの話になりますが、投資家としてどう行動すべきか、この点を箇条書きで「投資ノート」に書いておきました。

さらに保有銘柄のうち、すぐに売っても良いもの、絶対に手放したくない銘柄の2つに分けてマークをつけていました。

ここで強調しておきたい点は、こうしたシミュレーションを自分の頭のなかで何回も何回も繰り返していたことです。

『大地震と株式投資』

いざ災害が発生してから、対策を考えるのではなく、「事前に」シミュレーションしておくことが大切であることが強調されています。

①平常時に行うこと

  • 防災備蓄品の確認

自分や家族の生命と身体の安全が確保されなければ、資産の保全は無意味ですから、最重要タスクです。

我が家では以下のようなグッズを用意しておく必要があるようです。

回転備蓄しているものもあるので、在庫が適正かどうか、3ヶ月に1度程度の頻度で確認しておくつもりです。

  • 保有株式のリスク耐性の確認

本社や工場が津波浸水区域などに位置している企業への投資比率が増えていないか確認します。

②緊急時に行うこと

M8クラスの南海トラフ地震やM7クラスの首都圏直下型地震が発生し、かつ、取引が可能である場合は、次のタスクを実行します。

  • 復興需要の見込めない銘柄の持ち株数を30%売却する。

復興需要の見込める銘柄かどうかは、業種や2011年3月の震災時の値動きを参考にして事前に判断しておきます。

売却時は、流動性が問題になりますが、時間との勝負であるため成行での売却を基本とします。

  • 日経平均ベア2倍上場投信 (1360)を購入する。

保有する株式のヘッジのために日経平均ベア2倍上場投信 (1360)をポートフォリオの10%分を限度に購入します。

保有株式の売却を行うことができなかった場合は、20%分まで購入します。

結論

緊急時には、自分や家族、同僚や友人の安全を確保した上で、上述の対応を取るよう備えています。

このような備えをしておくことについて真剣に考慮してシミュレーションしておくなら、その時々の危機で誤った対応を取ることを防げる、と考えています。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください