今月の名言:「安全域は、常に支払われる価格によって決まる」(グレアム)

丸八ホールディングス(3504)の銘柄紹介 ― 割安な布団・寝具・リビング用品メーカーは買い?

こんにちは、しーげる(@siegel)です。

5月20日時点のNNWC式ネットネット株の1つに丸八ホールディングス (3504)という名証メイン銘柄があります。

丸八HDは、寝具の製造販売大手メーカーです。

この丸八は、ネットネット株投資家として、購入できる銘柄なのでしょうか?

この記事では、次の6つの視点をチェックしてゆきます。

①NNWC式ネットネット株指数

当企業の資産内訳(NNWCの計算式適用後)を見ると、329億円の現金預金を保有しており、キャッシュリッチな企業です。

負債の内訳を見ると、有利子負債は90億円に留まっています。有利子負債倍率は0.2倍未満に抑制されており、問題のない水準です。

総負債を除いたNNWC(正味流動資産)は293億円です。

時価総額をNNWCで割ったネットネット株指数(P/NNWC)は0.43になり、現時点でネットネット株に該当しています

②売上高・営業利益・BPS

2017年以降、売上高は減少傾向にあります。

2014年以降、営業黒字を維持しています。

BPSは3,000円程度で横ばい推移しています。

③ROE

ROEは、1~3%台で推移し、効率性の低い企業です。

④キャッシュフロー

営業キャッシュフローはすべての年でプラスを維持しています。

しかし、フリーキャッシュフローはマイナス圏に転落する年も見られます。

キャッシュフローがさらに安定すれば、配当などの安定した株主還元策を期待できます。

⑤配当

2016年の上場以降、無配に転落したことはありません。配当利回りは3.93%です。

⑥リスク

国内子会社の磐田工場や袋井リサイクルセンターは、南海トラフ巨大地震の津波浸水想定エリアに立地しています。

国内の工場は静岡県、賃貸用不動産は東京・横浜に集中しており、震災リスクに脆弱な企業のように感じます。

その他の特記事項

買収防衛策は導入されていません。

海外投資家の保有割合は3.2%に留まっており、株主総会決議の賛成割合も98%を超えています。したがって、アクチビストの介入可能性は乏しいように考えられます。

まとめ:

現金預金を多く保有する財務基盤の安定したNNWC式ネットネット株です。

売上高・営業利益・BPS・ROE・キャシュフローは魅力が乏しく、積極的な購入理由が見いだせません。

また、震災リスクに対しても脆弱です。

したがって、現在の水準で保有したい銘柄ではありません。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください