便利すぎるマネーフォワードMEの欠点

この数年、家計簿サービスであるMoney Forward MEのプレミアム版を使っています。

Money Forward MEのプレミアム版では、月額500円で、

  1. 1年以上前のデータを閲覧
  2. 金融機関11件以上を連携
  3. 連携先データを常に最新状態へ
  4. 広告の非表示
  5. グラフで資産の見える化
  6. グループの複数作成
  7. マンスリーレポート

などの機能を使うことができます。

このうち、①~③の機能を重宝しています。

1年以上前のデータも必要になることがありますし、銀行・証券会社・カード会社・DC口座・通販サイトなどを連携させるとあっという間に10機関は越えてしまいます。連携先データを常に更新できる機能も便利です。

しかし、最近、便利すぎるゆえの欠点に目が向くようになりました。

それは、「毎日の評価額の変動を把握できてしまうこと」です。

家計簿ですから、当然、毎日アプリをチェックするわけですが、確認する必要のない資産評価額も変動します。

保有するネットネット株は良くも悪くも動かないのでストレスフリーですが、長期保有目的のゴールドETFやスイスフランが無駄によく動いてくれます。

長期保有を目的にしているため、衝動的に売却するわけにもいかないため、その対策を色々考えましたが、連携を外して「現金管理」するしか方法がなさそうです。

便利すぎるゆえに、わざわざ不便にして使っているという、「なんだかなぁ~」という残念な運用スタイルになっています。

そのうち銀行とカードとECサイトなど10機関以内に連携を抑えて、無料版で利用することを考慮するかもしれません。

価格変動には動揺しない強いハートを持ちたいものです。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください