今月の名言:「安全域は、常に支払われる価格によって決まる」(グレアム)

今後の成績報告について

こんにちは。

これまでネットネット株投資の有効性をお伝えしたいと思い、週末ごと・月末ごと・年末ごとの銘柄構成や成績を記事にしてきました。

その都度、お寄せくださる感想や意見からも多くを学ばせていただきました。

しかし、このたび週ごと・月ごとの成績報告を一旦休止し、3・6・9・12月の四半期ごとに成績に関する記事をまとめることにしました。

理由は次の3点です。

第一の理由は、週ごと・月ごとに成績をまとめても、ネットネット株投資の魅力を伝えることは難しい、ということです。ディープバリュー株への投資は、年単位で見てはっきりと分かるものです。週単位・月単位の動きはノイズに過ぎず、ノイズに注目することは百害あって一利なしと言えます。

第二の理由は、自分自身の中で長期的な時間軸を保つためです。週ごと・月ごとの成績をまとめていると、どうしても短期的なアップダウンに一喜一憂してしまい、短期売買が多くなってしまう傾向があります。

第三の理由は、株式ポートフォリオの中で現金として保有していたポジションをゴールドETFやスイスフランに置き換えているためです。このたび円よりも信頼性の高い資産としてゴールドとスイスフランを保有することにしました。私個人としては、円よりも一層安定的な資産として保有しているつもりですが、円に換算するとボラティリティが高く、週ごと・月ごとの残高を確認していると、精神的な負荷が掛かることは明らかです。

こうした理由から、今後は週ごと・月ごとの成績報告を休止し、四半期ごとに成績をまとめてゆきたいと考えています。ニーズがあるかは分かりませんが、四半期ごとに成績と、売買の履歴を記事にまとめてゆく予定です。

今後とも、当ブログをよろしくお願いいたします。

2 COMMENTS

my20001

どうもこんばんは。

>3・6・9・12月の四半期ごとに成績に関する記事をまとめることにしました。

私は、年末に他も込みで確認する程度です。
デイトレードの記録ではないので、「記事のネタ」にさえ困らなければ、いいのではないでしょうか。

>私個人としては、円よりも一層安定的な資産として保有しているつもりですが、円に換算するとボラティリティが高く、週ごと・月ごとの残高を確認していると、精神的な負荷が掛かることは明らかです。

山崎元さん曰く、

>男女を問わず「鏡を見る回数を減らすと容姿や身だしなみがよくなる」というようなことはない

とのことです。

また、バートン・マルキールは、

>本当にあなた自身にとって最適な資産構成になっているかどうかは、あなたがそれで夜ぐっすり眠れるかどうかにかかっている

ということを言っています。

ゴールドとスイスフランに投じている金額が、大きすぎるのではないか?とも思いますが…

返信する
Siegel

こんばんは。いつもありがとうございます。

my20001さんは、成績確認を年に一度程度にしておられるんですね。
山崎さんやマルキールの言葉、肝に銘じておきたいと思います。

Goldとフランは、金融資産全体のバランスを考慮したつもりではありますが、
「夜ぐっすり眠れるか」基準も用いて、調整してゆきます。。

返信する

my20001 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください