ニチダイ(6467)の銘柄紹介 ― 割安な精密鍛造金型メーカー

NCAV式ネットネット株候補にニチダイ(6467)というJASDAQ銘柄があります。

このニチダイは、ネットネット株投資家として、購入対象となる銘柄でしょうか?

この記事では、次の7つの視点をチェックしてゆきます。

①業種

独立系の精密鍛造金型メーカー企業で、常温成形金型で首位を走り、ターボチャージャー部品に競争力を持っています。

したがって、個人的に投資を控えている不動産業や金融業銘柄ではありません

②ネットネット株指数

ニチダイの流動資産の内訳を見ると、現預金が39%を占めており、安定的です。売上債権が38%と多くなっていますが、タイなどの海外売上高比率が売上債権の35%を占めている点には注意が必要です。

負債の内訳を見ると、有利子負債は43%に達しています。

有利子負債は主に借入金で、利率は0.17-0.2%程度ですし、有利子負債自己資本比率は12.36%で、共に問題のない水準です。

流動資産から総負債を除いたNCAV(正味流動資産)は51.5億円です。

2月25日時点での時価総額をNCAVで割ったネットネット株指数(P/NCAV)は0.72になり、今のところNCAV式ネットネット株には該当していません

続いて、所有する土地は以下のとおりですが、高換金性の有する土地はないように見受けられます。

一方、投資有価証券として4つの上場企業株式を28百万円分保有しています。

こうした資産内容を加味した、他の類型のネットネット株指数は以下のとおりです。

指数
Net Cash
Net Quick1.20
NNWC0.82
かぶ1000式1.19
NCAV0.72

NCAV式だけでなく、NNWC式でも、ネットネット株指数が1.0を下回っています。

③バリュートラップの危険性

2020年以前は、NCAV式ネットネット株指数が1.0を上回っていますので、指数の回帰性に期待を寄せることができそうです。

NCAVは拡大傾向にあります。

したがって、バリュートラップの可能性は乏しいように思われます。

④売上高・営業利益・BPSの成長性

売上高は拡大傾向をたどっています。

営業利益は、2010年と2021年を除き、黒字を維持しています。

1株純資産(BPS)は拡大しており、過去10年間で1.66倍に成長しています。

⑤ROE

ROEは低迷しています。

過去24年間で、最終損失を計上しているのは、2010年と2021年の2回のみです。

⑥キャッシュフロー

営業キャッシュフローはすべての年でプラス圏をキープしています。

フリーキャッシュフローも、2013年以降はプラス圏を維持しています。

キャッシュフローが安定的であるため、なんらかの株主還元策の拡充を期待することができそうです。

⑦配当

2010年は無配に転落しました。現時点での配当利回りは2.46%です。

その他の特記事項

買収防衛策は導入されていません。

海外投資家の保有割合は3.2%に留まり、直近の株主総会での賛成割合は92%を超えているため、アクティビストの介入余地は乏しそうです。

まとめ:

暴落時などにネットネット株圏入りしそうな銘柄です。流動資産の39%が現預金であり、安定的な財務状態です。売上高やNCAV、BPSが拡大している点は好印象です。営業利益は伸び悩んでおり、ROEも低水準ではありますが、キャッシュフローはまずまずの水準に達しており、株主価値向上策に期待することも可能です。

上記の点からすると、ネットネット株圏内では購入しておきたい銘柄の1つです。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください