月次レポート|ネットネット株投資実績|2022年2月

こんにちは、しーげる(@siegel)です。

2022年2月のTOPIX月足は、長めの上髭を付けた陰線足となりました。

緊迫するウクライナ情勢の影響を受けつつも、下落幅は▼0.5%に留まっています。

SBI証券

この記事では、2022年2月のネットネット株投資の成績を振り返ってみます。

1月末のポートフォリオ:

オーナンバ(5816)とシャルレ(9885)を購入した一方、加藤製作所(6390)・フォスター電機(6794)・双葉電子工業(6986)・東ラヂ(7235)・今仙電機製作所(7266)・ナイガイ(8013)・愛眼(9854)を売却しました。

また、株式ポートフォリオ内のキャッシュポジションをゴールドETF(IAU)とスイスフランに振り替えています。

保有する個別株式は23銘柄です。

2月の個別株の動き:

23銘柄中15銘柄が上昇しました。

まとめ:

今月、株式ポートフォリオ全体では+3.18%となり、2ヶ月ぶりのプラス収支になりました。年初来では+0.73%です。

3月以降の先行きが不透明ですが、引き続き安全第一で運用してゆきたいと思います。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください