月次レポート|ネットネット株投資実績|2021年12月

2021年12月のTOPIX月足は、3ヶ月ぶりの陽線を付けたものの高値を切り下げており、弱めのチャート形状に見えます。

出典:SBI証券

この記事では、2021年12月のネットネット株投資の成績を振り返ってみます。

12月末のポートフォリオ:

保有割合が増えた銘柄の枚数を減らした一方、過去3年間の底値圏に株価低迷する丸尾カルシウム(4102)とナカヨ(6715)、テレビ朝日(9409)・愛眼(9854)・植松商会(9914)を新規購入しました。

キャッシュポジションは減少(5%→4%)しています。

保有株式は27銘柄です。

12月の個別株の動き:

27銘柄中14銘柄が下落しました。

まとめ:

今月、株式ポートフォリオ全体では+3.52%となり、3ヶ月ぶりのプラス収支になりました。また、年初来では+21.96%になりました。

コロナショック頃の株価水準に落ちているディープバリュー株を幾つか拾ってみましたが、2022年にどのような値動きを見せてくれるか楽しみです。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください