ネットネット株調査に欠かせないウェブサイト

こんにちは、しーげる(@siegelist1)です。

ネットネット株の調査を日課にしていますが、銘柄を分析する上で欠かすことのできないウェブサイトがあります。

この記事では、そのような調査に欠かせない、ネットネット株投資家にお勧めの5つのウェブサイトをご紹介します。

TDnetSearchは、東証の適時開示情報を検索できるサイトです。

サイトの「分析」ページの「Expression」項目に必要事項を入力するだけで、ネットネット株のスクリーニングを行えます。

私は、自前のExcelでネットネット株候補の監視を行っていますが、周期的にこちらのサイトでスクリーニングし、新たな割安株が生まれていないかを確認しています。

また、過去5年分のネットネット株指数の推移などを調べるうえでも大変便利です。

Kabutan(株探)

Kabutan(株探)のフリー版では、過去4年分の決算情報や各種指標、チャートを確認することができます。

一方、プレミアム版[月額2,460円(税込]では、1998年以降の決算情報や、最大41年間のチャートを確認することができます。私はプレミアム版を利用して、過去の数値を確認しています。

マネックス証券の銘柄スカウターの「企業分析」ページでは、過去10年分の財務情報を取得することができます。

過去10年分の正味流動資産(NCAV)の推移などを確認する際に便利なサイトです。

バフェットコードの各社の「役員」ページでは、取締役の所有株式数、株主総会の決議結果、買収防衛策の有無などを一度にチェックすることができます。

EDINETは、金融庁が運営する開示書類閲覧専用サイトです。

ネットネット株投資を行う上で有価証券報告書をチェックする必要がありますが、調査したい企業の有価証券報告書を簡単に検索することができるので、いつも重宝しています。

まとめ

この5つのウェブサイトを活用しながら、ネットネット株の投資銘柄を調査しています。

すでにご存知の方も多いと思いますが、ブックマークに登録しておられない方はぜひこの機会にチェックなさってください。

本日もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください