個別株投資を始めようとする人にネットネット株投資を勧める5つの理由

こんにちは、しーげる(@siegelist1)です。

このブログでは、ネットネット株投資の魅力をお伝えしています。もちろん、お勧めの個別株投資法を尋ねられたら、ネットネット株への投資を紹介します。

なぜネットネット株投資を勧めるのか、この記事では、5つの理由をご紹介します。

理由①非常に評価しやすい

ネットネット株であるかの評価は、非常にシンプルな数式で求めることができます。

時価総額 ÷(流動資産-総負債)

この数式で0.66以下であれば、ネットネット株としての購入対象になります。

こうしたシンプルな基準は、投資家の誤った判断を減らすうえで大切なことだと考えています。

理由②厚い安全域を持っている

ネットネット株は、流動資産から負債を差し引いた正味流動資産の66%以下で株式が売買されています。

言い換えれば、10,000円札の入った財布が6,666円で売っているような状態です。

その財布に多少の傷やシミがあっても、さらに価値が下がることは考えにくいはずです。

厚い安全域は、ダウンサイドリスクが低いことと同義であり、大きな市場変動が生じても、平常心を保って、ネットネット株の保有を継続することができます。その結果、暴落時に売らされることによるリターン低下を防げることは、この投資法を選ぶ大きなメリットです。

理由③ほとんどの銘柄が単純なビジネスを展開している

大型株の多くは事業の多角化を進めているため、事業分析が困難です。

たとえば、JR東日本に投資するには、鉄道事業だけでなく、不動産賃貸事業や、駅ナカ物販事業についても分析する必要があります。

しかし、ネットネット株の多くはシンプルな事業展開を行っており、事業内容を理解しやすいものが大半です。

理由④人気がない

ネットネット株の多くは、一般の人が一度も聞いたことのないような知名度の低い銘柄です。

投資家にも馴染みない銘柄が多く、Yahoo掲示板やツイッターを覗いても活発なやり取りはなされていません。

しかし、不人気であるということこそ割安さの源泉であり、少しでも注目を集めると、人気化して株価を急騰させることがあります。

理由⑤小型株である

ネットネット株の多くは時価総額が数百億円未満の小型株です。

そのような小型株は、大型株と比較して、リターンの良いことが統計的に明らかになっています。

また、投資のプロである機関投資家が参入しにくい規模であるため、情報を多く持つ機関投資家と市場で闘い、資金と時間を消耗することを回避することができます。

まとめ:

このような5つの理由から、投資を始めたばかりの人にはネットネット株投資を全力でお勧めしています。

もちろん、ネットネット株投資よりもハイリターンを狙える投資法はいくらでもあります。

しかし、ネットで人気を博するトレーダーのような才能を持たない平均的な投資家が、インデックス投資のパフォーマンスを上回るためには、ネットネット株投資こそが有力な選択肢の1つだと考えています。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください