今、購入時期と言えそうなネットネット株は?

こんにちは、しーげる(@siegelist1)です。

昨日(9/29)の日経平均株価は、▼2.12%の下落になりました。

配当権利落ちも関係していますが、米国市場の下落などの影響を受けて、大きく調整しました。

このような急落時に、ネットネット株も連れ安になることがあるため、購入チャンスと言える銘柄がないか、チェックしてみました。

このような時に、個人的によく確認するのは、3年間安値との比較です。

3年間の安値には、2018年末のクリスマスショックや、2020年のコロナショックが含まれています。

こうした暴落時の株価と比較して、10-20%程度高い水準にあれば、そのネットネット株は、下値余地が乏しい可能性が高いと推定できます。

一方、3年間安値と比較して50%以上高い水準にあるネットネット株は、下値余地があることを覚悟する必要があるかもしれません。

以下のリストは、昨日終値時点のNCAV式ネットネット株46銘柄の「株価/3年間安値」リストです。

加藤製作所の「1.04」という値は、3年間安値から4%高い水準にあることを意味しています。

一方、丸文の「1.93」という値は、3年間安値から93%も高い水準にあることを意味します。

コード銘柄株価/3年間安値
6390加藤製1.04
6986双葉電子工業1.06
2137光ハイツ・ヴェラス1.06
6142富士精工1.10
5979カネソウ1.11
6794フォスター電1.12
5449大阪製鉄1.15
4231タイガースポリマー1.16
7338インヴァスト1.18
6416桂川電機1.19
3600フジックス1.20
7467萩原電気HD1.20
7887南海プライウッド1.21
2982ADワークスグループ1.21
7235東ラヂエタ1.26
4957ヤスハラケミ1.27
8046丸藤パイル1.27
6249ゲームカード・ジョイコ1.28
7266今仙電機1.30
2917大森屋1.30
7922三光産業1.31
9995グローセル1.32
3504丸八HD1.34
3299ムゲンエステト1.34
8844コスモスイニシア1.35
8139ナガホリ1.36
5900ダイケン1.36
6303ササクラ1.37
8995誠建設1.37
7422東邦レマック1.38
6496中北製作所1.39
8772アサックス1.45
8249テクノアソシエ1.49
1793大本組1.51
8877エスリード1.52
2055日和産業1.56
8881日神グループHD1.56
6964サンコー1.60
9967堺商事1.65
6943NKKスイッチズ1.71
9885シャルレ1.72
7314小田原機1.75
5921川岸工1.77
8152ソマール1.79
7427エコートレーディング1.91
7537丸文1.93

「株価/3年間安値」指数が1.20未満の、比較的下値が限定的であると思われる銘柄は10企業あります。

そのうち加藤製作所(6390)、富士精工(6142)、カネソウ(5979)、フォスター電(6794)、大阪製鐵(5449)、タイポリ(4231)の6銘柄は保有済みであり、今の水準でも追加で購入したい銘柄ではありません。

また、保有していない残り4銘柄については、マイルールに抵触する銘柄となっています。そのため、私個人は、昨日程度の急落水準での購入銘柄は見つけられませんでした。もう少し待ちの日々が続きそうです。

本日もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください