月次レポート|ネットネット株投資実績|2021年6月

こんにちは、しーげる(@siegelist1)です。

2021年6月のTOPIX月足は、小幅な陽線を付けており、コロナショック以降の上昇トレンドが継続しているように見えます。

出典:SBI証券

この記事では、2021年6月のネットネット株投資の成績を振り返ってみます。

6月末のポートフォリオ:

6月は、香港ネットネット株の彩星玩具(HK:00869)国際資源(HK:01051)を売却した一方、新たにネットネット株化した大阪製鐵(5449)フォスター電機(6794)を新規購入しました。

キャッシュポジションが増加(12%→15%)しました。

日本株式は18銘柄、香港株は4銘柄、米国株は1銘柄です。

6月の個別株の動き:

軟調な動きを見せる日本株が多くありましたが、米国株の趣店($QD)が反騰を見せて、ポートフォリオ全体のパフォーマンスを上げてくれました。

まとめ:

今月、株式ポートフォリオ全体では+2.55%となり、11ヶ月連続のプラス収支となりました。また、年初来では+22.49%になりました。

直近の1年間があまりに順調すぎるため、そろそろ本格的なドローダウン期が訪れるのではないかと警戒しています。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください