NKKスイッチズ(6943)の銘柄紹介 ― 非常に割安な小型スイッチメーカー

こんにちは、しーげる(@siegelist1)です。

ネットネット株の1つにNKKスイッチズ(6943)という東証JASDAQ上場企業があります。

NKKスイッチズは、トグルスイッチに定評のある産業用小型スイッチの大手メーカーです。

現時点で、NKKスイッチズはネットネット株投資家として購入対象となる銘柄でしょうか?

①割安性・②収益性・③財務トレンド・④下方リスク・⑤テクニカル指標という5つの観点から、分析してみます。

NKKスイッチズの割安性:

流動資産の内訳を見ると、現預金が61%を占め、とても安定的です。

一方、負債では、有利子負債がありません。

流動資産から総負債を除いたNCAV(正味流動資産)は63.9億円です。

※単位:百万円

時価総額をNCAVで割ったネットネット株指数(P/NCAV)は0.49になり、現時点で割安なネットネット株に該当します。

※単位:百万円

NKKスイッチズの収益性:

売上高はまったく伸びていません。

当期純利益については、1997年以降、7回の最終赤字を計上しており、2021年3月期も1.8億円の赤字を計上する見込みです。

1999年以降の平均ROEは1.21と低水準です。

NKKスイッチズの財務トレンド:

BPS(一株当たり純資産)は、伸び悩んでいます。

NCAV(正味流動資産)は2016年以降縮小しています。

下図は2016年以降のネットネット株指数の推移を示したものです。

長期間にわたってネットネット株圏で推移していますが、現在のネットネット株指数0.50水準は当銘柄の最割安水準となります。

NKKスイッチズの下方リスク:

有利子負債がないため、財務的には安心できる銘柄です。

NKKスイッチズのテクニカル指標:

過去5年間の週足チャートでは、買いとも売りとも言えない局面が続いています。

出典:https://jp.tradingview.com/

まとめ:

銘柄評価
割安性
(5.0)
収益力
(2.0)
財務トレンド
(2.0)
下方リスク
(5.0)
テクニカル
(3.0)
総合評価
(4.0)

ネットネット株指数が0.49で、現時点でとても割安なネットネット株です。

一方、平均ROEは1.21であり収益性が低く、BPSとNCAVは拡大していません。また、テクニカル的には買いタイミングとは言えそうにありません。

しかし、有利子負債がなく、この銘柄にとって過去にない割安なネットネット株指数を記録しており、少量の株式を購入することは検討できるかもしれません。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください