月次レポート|ネットネット株投資実績|2021年1月

こんにちは、しーげる(@siegelist1)です。

2021年1月のTOPIX月足は十字線となりました。

2018年1月を想起させる月足で、同じ1月であることや同じ価格帯であることを考えると不吉な予感を抱いてしまいます。

この記事では、2021年1月のネットネット株投資の成績を振り返ってみます。

1月末のポートフォリオ:

1月は、キャッシュポジションをやや増やし(0→2%)、値上がりした株式を一部売却し、安全域の厚いネットネット株をポートフォリオに加えています。

保有銘柄数は24です。

1月の個別株の動き:

下のチャートのとおり、米国株の趣店・Qudian($QD)が40%を超える上昇を見せています。

出典:SBI証券

また、SECカーボン(5304)も大きな陽線をつけ、反騰しました。

出典:SBI証券

まとめ:

今月、株式ポートフォリオ全体では+5.2%となり、6ヶ月連続のプラス収支となりました。

チャート形状を見ると「節分天井」という言葉が頭をよぎりますが、引き続き安全域を厚く保った投資を手堅く続けてゆきたいと思います。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください