月次レポート|ネットネット株投資実績|2020年12月

こんにちは、しーげる(@siegelist1)です。

2020年12月のTOPIX月足は見事な陽線で引け、2018年1月の高値1,911円を目指してゆきそうなチャート形状です。

出典:SBI証券

この記事では、2020年12月のネットネット株投資の成績を振り返ってみます。

12月末のポートフォリオ:

12月は、キャッシュポジションを減らし、収益性の高いネットネット株をポートフォリオに加えています。

銘柄数を22銘柄、キャッシュポジションは0.1%に留めています。

12月の個別株の動き:

下のチャートのとおり、香港株の金宝通(HK:00320)が、11月末の好決算を受け、40%近い上昇率を達成しています。

出典:SBI証券

また、岩塚製菓(2221)も大きな陽線を残し、まずは2017年8月の5,970円を目指してゆきそうなチャート形状です。

出典:SBI証券

まとめ:

今月、株式ポートフォリオ全体では+2.7%となり、5ヶ月連続のプラス収支となりました。

1月も1月効果により小型バリュー株にもさらに資金がまわってくる展開を期待したいものです。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください