中央紙器工業(3952)の銘柄分析 ― トヨタ系列の段ボールメーカー

こんにちは、しーげる(@siegelist1)です。

ネットネット株の1つに、中央紙器工業(3952)という名証2部上場銘柄があります。

中央紙器工業は、自動車部品・家電製品用段ボールのメーカーであるため、個人的に投資を控える不動産・金融業銘柄ではありません。

現在の中央紙器工業は、ネットネット株投資家としてもホールドできる銘柄なのでしょうか?

①割安性・②収益性・③財務トレンド・④下方リスク・⑤カタリストという5本のモノサシを使って、分析してみます。

中央紙器工業の割安性:

流動資産の内訳を見ると、現預金が77%を占めています。

一方、負債では、有利子負債がありません。

流動資産から総負債を除いたNCAV(正味流動資産)は87.1億円です。

時価総額をNCAVで割ったネットネット株指数(P/NCAV)は0.61になり、ネットネット株には該当します。

中央紙器工業の収益性:

株価チャートを見ると、2018年1月の高値から下落トレンドになっており、現在は1,000円台前半で推移しています。

株価と比較して、収益性はどのような状態にあるでしょうか?

まず、売上高は伸び悩んでおり、過去10年で最低の水準です。

当期純利益も低迷していますが、過去10年間に最終赤字を計上した年はありません

過去10年間の平均ROEは6.88と、まずまずの水準を保っています。

中央紙器工業の財務トレンド:

中央紙器工業の財務トレンドはどのようなものでしょうか?

まず、BPS(一株当たり純資産)は、2011年以降、着実に積み上げられています。

※単位:百万円

また、NCAVも一貫して拡大しています。

※単位:百万円

したがって、BPS、NCAVともに、トレンドは良好です。

下図は各期末時点(3/31)でのネットネット株指数の推移を示したものです。

2011年以降、ネットネット株指数は割安度を深めており、2020年になってはじめてネットネット株化しています。

そのため現在の水準0.61は、この銘柄にとって過去にない割安水準です

中央紙器工業の下方リスク:

有利子負債はなく、流動比率は834%で、全く問題のない水準であるため、財務面での大きな下方リスクを抱えているわけではありません。

中央紙器工業のカタリスト:

株価が大きく上昇するカタリストはあるのでしょうか。

配当利回りが3.9%高配当銘柄ですから、見直し買いの入る可能性がある水準です。

また、業績が改善すれば、株価は上昇に転じる可能性が高いと考えられます。

まとめ:

銘柄評価
割安性
(4.0)
収益力
(4.0)
財務トレンド
(5.0)
下方リスク
(5.0)
カタリスト
(2.0)
総合評価
(4.0)

ネットネット株指数は0.61であり、割安なネットネット株です。

過去10年間の平均ROEは6.88と、まずまずの収益性を確保しています。

NCAVは上昇トレンドにあり、この銘柄にとって、過去にない割安水準に達しています。

また、有利子負債はなく、流動比率に大きな問題はないため、下方リスクは乏しく感じられます。

また、業績改善によって株価が上昇する可能性があります。

上記の要素を考慮して、値下がり局面では買いを入れたい銘柄です。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください