週次レポート・ネットネット株投資実績|2020年11月16日~20日

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

このシリーズ記事では、ネットネット株への分散投資が資産形成に有効と言えるか、判断の材料になるよう週次実績を公開しています。

今週の株式市場:

今週のTOPIXは続伸し、コロナショック後の最高値に迫る水準で引けました。

新型コロナの感染拡大が続く中、年末に向けて高値を追っていくことができるか、要注目です。

出典:SBI証券

今週の取引:

11/16(月)
北弘電社(1734)を新規購入。

三菱電機傘下で、再生可能エネルギー関連銘柄であり、高めの収益性をキープしている北弘電社(1734)を3,850円で新規購入しました。

11/18(水)
東証マザーズETF(2516)を新規信用売り。

ヘッジを掛けるため、東証マザーズに過熱感が出てきた東証マザーズETF(2516)に919円で新規信用売りを仕掛けました。25日移動平均線を終値で上回ったらカット、75日移動平均線を下回ったら追加売りを行う予定です。

今週のポートフォリオ:

保有銘柄数は、全24銘柄です。

マザーズETF(2516)はを売建てしているため、レバレッジ1.12倍となっています。

なお、上記ポートフォリオは株式投資用に取り分けた資産です。DC口座(年金)を含む他の資産はすべて現金で保有しているため、資産全体に占める株式割合は48.2%、現金割合は51.8%になります。

今週の各銘柄の動き:

先週、親子上場解消期待で20%を超える急騰を見せた日本伸銅(5753)が大きく値下がりしました。

決算を通過した銘柄も多く、比較的穏やかな値動きの1週間でした。

ポートフォリオの資産推移:

前週比▼0.56%でした。主に、日本伸銅の急騰の反動によるものです。

ブログスタート時点(2019年9月)と比較して16.6%、年初来で7.3%のプラスです。


株価の上昇が急ピッチであることや、コロナの感染拡大が続いていることから、今後の株価の動向から目が離せません。

この記事もご覧くださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください