バリュートラップを避けるための5つのポイント

資産バリュー株への投資は、ダウンサイドリスクの少ない投資法です。

しかし、値下がりはしないとしても、割安な銘柄がいつまで経っても割安なまま放置される、いわゆる「バリュートラップ」に陥ることがあります。

バリュートラップに嵌ると、長期間にわたり資金を拘束され、投資リターンを下げることになるでしょう。

では、どうすれば、このバリュートラップを避けられるでしょうか?

この記事では、個人的に心がける、バリュートラップを避けるための5つのポイントをご紹介します。

ポイント①割安な銘柄を選ぶ

バリュートラップを避ける1つ目のポイントは、十分に安全域が確保された割安な銘柄を選ぶことです。

そのうえで、ベンジャミン・グレアムが推奨した、時価総額をNCAV(流動資産から総負債を差し引いた正味流動資産)で割った値が0.66以下のネットネット株に投資することは非常に効果的です。

ポイント②収益性のある銘柄を選ぶ

残念ながら、ネットネット株指数が0.66以下の株だけに投資していても、バリュートラップに陥ることが多くあります。

そのような株価低迷銘柄の多くは、赤字年度が続くなど、収益性が低い状態が続いています。

したがって、収益性の高い銘柄を選ぶようにしましょう。

過去10年間の損益計算書を確認し、

  • 売上高が上昇し、
  • 当期純利益が上昇し、
  • ROEの平均値が正、できれば5以上である

・・・そんな銘柄に投資したいものです。

ポイント③財務トレンドが右肩上がりの銘柄を選ぶ

時が経つにつれて財務基盤が堅固になっている銘柄は、今後数年間も、バランスシート上の資産が増加する傾向があります。

それで、財務トレンドが右肩上がりの銘柄を選ぶようにしましょう。

具体的には、

  • 過去10年間のBPSのトレンドが上向き
  • 過去10年間のNCAV(正味流動資産)のトレンドが上向き

・・・という銘柄を選ぶことで、株価が横ばいでも割安性が増してゆく銘柄に資金を投じることができます。

ポイント④下方リスクのない銘柄を選ぶ

このたびのコロナショックのような予期しない事態が生じたときに、企業が過度の負債を抱えていると、経営危機に陥り、バランスシート上の資産が毀損してしまうことがあります。

そこで、過度の負債を抱えていない、下方リスクのない銘柄を選ぶことも大切です。

個人的には、

  • 有利子負債自己資本比率が20%未満であること
  • 流動比率が150%以上であること

を条件に投資対象にしています。

ポイント⑤カタリストのある銘柄を選ぶ

バリュー銘柄への投資が報われるまでに数年単位の時間を要するものです。

バリュートラップを避け、この長い期間を短縮し資金効率を上げるために、カタリストのある銘柄を選ぶようにしましょう。

カタリストとなり得るのは、たとえば、

  • 筆頭株主が上場会社でありTOBの可能性がある銘柄
  • 大株主に創業者やその家族が名前を連ねておりTOBやMBOの可能性がある銘柄
  • 自社株買いの実績がある銘柄
  • 高配当銘柄
  • 役員が株式を買い増しており、現在の株価水準を安いとみなし、なんらかの株価対策を講じることを予想できる銘柄

・・・などです。

まとめ

このように、

  1. 非常に割安で、
  2. 収益性があり、
  3. 財務トレンドが右肩上がりで、
  4. 下方リスクがなく、
  5. カタリストがある

銘柄を選ぶことによって、バリュートラップに陥ることをかなりの程度避けることができます。

同時に、資金効率を上げることができるので、総合リターンを高めることになります。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください