大湾区聚変力量(HK:01189)の銘柄分析 ― ネットネット株指数0.10!

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

香港株式市場に大湾区聚変力量(HK:01189)という銘柄があります。

私の知る限り、全世界で最もネットネット株指数の低い「割安」銘柄です。

ネットネット株投資家として、この銘柄は果たして「買い」と言えるか、まとめました。

業種は?

大湾区聚変力量は主にホテル運営事業のほか、有価証券取引を行っている企業であるため、「不動産業・金融業銘柄でない」という購入基準には抵触することになります。

運営する「ローズデール ホテル香港」を調べてみましたが、レビューは高めのまずまずのホテルでした。

時価総額は?

2015年には、1香港ドル台まで上昇しましたが、現在は0.2ドル台前半で推移しています。

発行済株式数は789.2百万株であり、時価総額は1.67億香港ドル、日本円で22.8億円の超小型株です。

業績は?

過去10年間に最終黒字を計上した年は3度しかなく、2015年以降5年連続で最終赤字を計上しています。

配当は?

過去10年間、無配を継続しています。

ネットネット株指数は?

現金は流動資産の98%に達しています。

また、負債の内訳を見ると、リース債務を中心とする有利子負債は21%です。

流動資産から総負債を差し引いたNCAV(正味流動資産)は17.0億香港ドルになります。

時価総額をNCAVで割ったネットネット株指数は0.10で、驚異的なネットネット株です。

正味流動資産(NCAV)の変化率は?

過去5年間のNCAVの推移を振り返ると、赤字が続いているにもかかわらず、正味流動資産は拡大傾向にあります。

コロナが直撃した2020年6月時点での過去12ヶ月間の変化率は▼2.8%に留まっています。

負債は?

流動比率は1834.5%で「流動比率が150%以上」という購入基準をクリアしています。

また、有利子負債自己資本比率は2.24%であり、「有利子負債自己資本比率が20%未満」という基準には抵触していません。

役員の保有株式数は?

役員の保有株式は930万株で、全体に占める割合は1.2%に留まっているうえ、減少しています。

まとめ:

銘柄評価
業種
(1.0)
時価総額
(5.0)
業績
(1.0)
配当
(1.0)
ネットネット株指数
(5.0)
NCAV変化率
(4.0)
負債
(4.0)
役員の株式保有
(2.0)
総合評価
(2.0)

ネットネット株指数が驚異の0.10です。

しかし、現金割合が異常に高いことや、5年連続赤字なのにNCAVが拡大傾向にあることなど、中国企業特有の幾らか不審な点も観察されます。

購入条件に合致しない項目があまりに多く、分散投資といえでも保有できない銘柄です。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

香港銘柄に関心をお持ちの方は、こちらの記事もご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください