リチャードソン エレクトロニクス(RELL)の銘柄分析 ― 赤字が続く半導体関連銘柄

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

NASDAQに上場するリチャードソン エレクトロニクス(RELL)は、電子機器装置・部品を扱うネットネット株です。

割高だと言われて久しい米国株では珍しいネットネット株ですが、果たして「買い」と言えるのか、まとめてみました。

業種は?

半導体関連の機器・部品メーカーであるため、「不動産業・金融業銘柄でない」という購入基準には抵触していません。

ただ、半導体市況の影響を強く受けるため、シクリカル銘柄と言えそうです。

時価総額は?

出典:SBI証券

2018年には10㌦に達していましたが、現在は4.5㌦前後に低迷しています。

発行済株式数は1314万株(ClassA・B)ですので、時価総額は5910万㌦、日本円で61.6億円の小型株です。

業績は?

最終利益の推移は低迷しており、赤字年度が頻発しています。

配当は?

過去10年間の配当支払実績があるのは安心材料です。配当利回りは5.5%もあります。

ネットネット株指数は?

流動資産の内訳を見ると、棚卸資産が45%を占めています。

一方、負債の内訳を見ると、有利子負債は11%に達しています。

流動資産から総負債などを差し引いたNCAV(正味流動資産)は、9461万㌦となります。

時価総額をNCAVで割ったネットネット株指数は0.62となり、購入条件には合致しませんが、ネットネット株です。

正味流動資産の変化率は?

過去10年間のNCAVの推移を振り返ると、下落トレンドが続いており、直近12ヶ月では▼6.6%程度縮小しています。

負債は?

流動比率は434.1%で「流動比率が150%以上」という購入基準をクリアしています。

また、有利子負債自己資本比率は0.26%で、「有利子負債自己資本比率が20%未満」という基準もクリアしています。

まとめ:

過去10年で6度も最終赤字を計上しており、NCAVも長期間にわたり下落トレンドをたどっており、投資意欲を減退させます。

その他の要素も積極的に買いを入れる理由にはなりません。

RELLよりも魅力的なネットネット株は、日本市場に多く眠っていると思います。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください