トーアミ(5973)の銘柄分析 ― 溶接金網メーカーのネットネット株

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

注目しているネットネット株の1つにトーアミ(5973)があります。

トーアミは、溶接金網の製造販売を行う東証2部企業ですが、ネットネット株投資家として「買い」と言えるのでしょうか?

この記事では、トーアミがどの程度割安と言えるか、確認していきます。

時価総額は?

コロナショックで320円台まで急落した後、ややリバウンドして450円台で推移しています。

発行済み株式数は1440万株です。

したがって、時価総額は73.6億円となり、小型株です。

ネットネット株指数は?

流動資産の内訳は、現金が27%を占めています。

一方、負債では、有利子負債が32%に達しています。

優先株式はなく、バランスシートに計上されていない債務もないようです。

流動資産から総負債などを差し引いた正味流動資産は、47.3億円となります。

時価総額を正味流動資産で割ったネットネット株指数は0.59となります。

したがって、現在の株価水準からすると、0.5未満という購入条件には合致しませんが、ネットネット株には該当します。

正味流動資産の変化率は?

過去10年間のNCAVの推移を振り返ると、上昇傾向にあります。

直近12ヶ月の比較でも、正味流動資産は拡大しています。

業種は?

建設関連部品メーカーであるため、「不動産業・金融業銘柄でない」という購入基準には抵触していません。

負債は?

流動比率は245%で、「流動比率が150%以上」という購入基準をクリアしています。

一方、有利子負債自己資本比率は11%で、「有利子負債自己資本比率が20%未満」という基準を満たしています

役員の株式保有は?

役員の所有株式数は発行済株式の6.2%に達し、やや増加しています。

まとめ:

ネットネット株指数は0.59でマイルールに触れてしまいますが、NCAVは拡大傾向にあり、役員も多くの株式を保有しています。

今後も注目し、市場の暴落局面では保有したい銘柄の一つです。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください