リズム時計工業(7769)の銘柄分析 ― 第1四半期決算は?

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

ネットネット株の1つにリズム時計工業(7769)があります。

リズム時計工業は、時計等の製造を行う精密機器メーカーの東証1部上場銘柄です。

先週末(9/11)に、第1四半期決算を発表しましたが、はたして、このリズム時計工業は、ネットネット株投資家として「買い」と言えるのでしょうか?

この記事では、リズム時計工業がどの程度割安と言えるか、確認していきます。

時価総額は?

過去10年間の月足チャートでは、2017年8月の高値2,530円から値を下げ続け、現在は600円台前半で推移しています。

発行済み株式数は8,385,093株です。

したがって、時価総額は52.8億円となり、小型株です

ネットネット株指数は?

流動資産の内訳は、現金が43%を占めています。

一方、負債では、有利子負債が49%を占めています。

優先株式はなく、バランスシートに計上されていない債務もないようです。

流動資産から総負債などを差し引いた正味流動資産は、96.2億円となります。

時価総額を正味流動資産で割ったネットネット株指数は0.55となります。

したがって、現在の株価水準からすると、ネットネット株に該当します。

正味流動資産の変化率は?

過去10年間のNCAVの推移を振り返ると、緩やかに下がり続けています。

また、直近12ヶ月の比較では、正味流動資産は28.5%も縮小しています。

これは、早期退職費用引当金を計上したためです。

業種は?

精密機器メーカーであるため、「不動産業・金融業銘柄でない」という購入基準には抵触していません。

負債は?

流動比率は324%で、「流動比率が150%以上」という購入基準をクリアしています。

一方、有利子負債自己資本比率は21.84%であるため、有利子負債自己資本比率が20%未満」という基準は満たしていません。

役員の株式保有は?

役員の所有株式数は7万6300株で、発行済株式数の0.9%に留まりますが、増加傾向にはあります。

まとめ:

直近12ヶ月でNCAV(正味流動資産)が28.5%も縮小しており、有利子負債も高めです。

ネットネット株指数が0.50を下回っても、購入対象にはならない銘柄です。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください