大森屋(2917)の銘柄分析 ― 投資するひとが楽しい?

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

「ノリで食べましょう大森屋♫」というCMで有名な、あの大森屋がネットネット株になっています。

CMキャラクターの鈴木杏樹の変わらなさも驚きですが、大森屋がネットネット株になっていることに驚く方も多いのではないでしょうか。

コーポレート・キャッチコピーは「つくるひとが楽しい、食べるひとがうれしい」ですが、今のところ「投資するひとが悲しい」銘柄です。

この記事では、大森屋のネットネット株としての魅力をご紹介します。

時価総額は?

出典:SBI証券

現在の株価は771円(8月17日終値)です。

発行済み株式数は5,098,096株です。

したがって、時価総額は39.3億円と超小型株であり、非常に理想的です。

ネットネット株指数は?

流動資産の内訳は、たな卸資産が70%を占めており、現預金は5%に留まっています。

一方、負債の内訳を見ると、全体の8割以上を流動負債が占めています。

優先株式や簿外債務はありませんので、流動資産から総負債を差し引いたNCAV(正味流動資産)は、75.5億円となります。

時価総額をNCAVで割ったネットネット株指数は0.52となります。

現在の株価水準は、「時価総額がNCAVの50%以下」つまり、ネットネット株指数が0.50未満である、という購入基準には該当しません。

しかし、ネットネット株指数0.50に相当する740円を下回る水準では買い出動できることになります。

NCAV(正味流動資産)の拡大率

2010年以降のNCAVの長期推移を見ると、拡大傾向にあります。

直近12ヶ月の比較でも、NCAVは1.04%拡大しており、「NCAVが前年比で25%以上縮小していない」という購入基準をクリアしています。

業種は?

食品業であるため、「不動産業・金融業銘柄でない」という購入基準にも抵触していません。

負債は?

流動比率は516.92%で、「流動比率が150%以上」という購入基準をクリアしています。

また、有利子負債自己資本比率は2.92%で、「有利子負債自己資本比率が20%未満」という基準をクリアしています。

役員は?

役員の所有株式数は60.8万株であり、発行済株式数の11.9%に達しています。

この3年間で、役員は株式を買い増していることから、現在の株価水準を割安と考えている可能性があります。

まとめ:

ネットネット株指数0.52のネットネット株です。

超小型株で、NCAVは増加傾向にあり、負債は問題なく、役員は株式を買い増しつつあります。

大きな懸念点はなく、ネットネット株指数が0.50を下回る水準では買い増したい銘柄の1つです。

今のところ、大森屋のキャッチコピー風に言えば、「つくるひとが楽しい、食べるひとがうれしい、投資するひとが悲しい」会社です。

しかし、きっと近いうちに「投資するひともうれしい」会社になってくれると思います。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

4 COMMENTS

あきらまん

はじめまして。
お忙しい中申し訳ありませんが1つわからないことがありまして、質問させてください。

簿外債務の件なのですか、自分ではバランスシートにのらない借金と理解しております。
で、バランスシート外の借金ってどのようにして発見すればよいのでしょうか?
簿外債務の額がもしでかければバランスシートが崩壊しますよね。

もしよろしければご教授願えたらとおもいます。

返信する
Siegel

コメント、ありがとうございます。

私の理解が誤っているのかもしれませんが、
オペレーティングリースの残債務や係争中の損害賠償債務(未確定)などを
正味流動資産から除くようにしています。

オペレーティングリースの残債務は、
「有価証券報告書」の連結附属明細表に記載されています。

多くの場合、それほど多額にはなりませんが、
時価総額の小さな銘柄を触っているので、一応チェックするようにしています。

返信する
あきらまん

返信ありがとうございます。
なるほど。
やはり有価証券報告書を読まないと細かい部分はわからないということですね。

ご丁寧に教えていただきましてありがとうございました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください