ネットネット株投資-購入マイルール③NCAVが前年比で25%以上縮小していないこと

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

最近、“Benjamin Graham’s Net-Net Stock Strategy”を読み、マイルールの見直しを行っています。

ここまで、

  1. 時価総額が100億円以下であること
  2. 時価総額がNCAVの50%以下であること

というマイルールをご紹介しました。

この記事では、第3の購入ルールとして、NCAVの増減に関するルールについてまとめました。

これまでのNCAVの増減に関するルール

繰り返しになりますが、NCAVとは、Net current asset valueの略で「正味流動資産」のことです。

NCAVは、次の数式によって、算出することができます。

NCAV = 流動資産 ー 負債合計 -優先株式 ー 簿外債務

私は、

時価総額<NCAV✕0.50

つまり、

「時価総額がNCAVの50%以下であること」、つまり、「ネットネット株指数が0.50以下であること」という条件下で、購入を行っています。

しかしながら、このNCAV自体の増減についてはほとんど気にせず、条件に組み入れていませんでした

“Benjamin Graham’s Net-Net Stock Strategy”の推奨基準

“Benjamin Graham’s Net-Net Stock Strategy”は、NCAVの増減について、次のような基準を推奨しています。

● NCAVが直近12か月間で25%以上縮小していないこと

このような条件を設定している理由について、こう記されています。

企業のNCAVが縮小すると、投資家の安全と利益の可能性も縮小します。

出典:“Benjamin Graham’s Net-Net Stock Strategy”

これは至極もっともな基準だと思います。

新しいマイルール

この基準があれば、著しく業績の悪化して、流動資産が減少したり、負債が増加している企業を購入することができます。

そこで、今後、保有銘柄を組み入れる際、次のマイルールを採用してゆきます。

購入ルール②

「NCAVが前年比で25%以上縮小していないこと」

コロナ・ショックでは、今のところ、10%前後の縮小率の銘柄が多いように思います。

今後、この基準を設定することにより、安全域と利益幅を確保するようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください