大阪製鐵(5449)の銘柄分析 ― 日本製鐵子会社の割安株

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

コロナショックでネットネット株になった銘柄に大阪製鐵(5449)という銘柄があります。

鉄鋼銘柄は大きく値を下げていますが、大阪製鐵はどうでしょうか?

この記事では、大阪製鐵はどんな銘柄か、ネットネット株投資家として「買い」と言えるのか、まとめてみました。

大阪製鐵とは?

大阪製鐵とは、

大阪を本拠とする鉄鋼メーカー(電気炉メーカー)

電気炉を持ち、鉄スクラップを原料に製鋼を行い鉄鋼製品を生産する、「電気炉メーカー」と呼ばれる鉄鋼メーカーの一つである。製品は建築・土木向けが主で、形鋼(山形鋼・溝形鋼・I形鋼など)や軽軌条、棒鋼(異形棒鋼・丸鋼・平鋼・角鋼など)がある。

出典:Wikipedia「大阪製鐵」

鉄鋼メーカーであるためシクリカルな動きをする銘柄です。

株主構成は?

出典:SBI証券

日本製鉄が約60%の株式を保有しており、日本製鉄の子会社です。

日本製鐵によるTOBの思惑が出やすい銘柄かもしれません。

買収防衛策は導入されていません。

株価は?

2017年10月には2,700円に達しましたが、現在は1,200円前後で推移しています。

PERは14.59倍、PBRは0.33倍、ミックス係数は4.81です。

業績は?

売上高は2020年3月期は減収を計上しています。

過去10年間に最終赤字を計上したことはありません

配当は?

配当実績は安定しており、配当利回りは2.02%です。

ネットネット株指数は?

流動資産の内訳を見ると、預け金が55%を占めています。

流動資産から負債を差し引いた正味流動資産は759億円です。

時価総額522億円を正味流動資産759億円で割ったネットネット株指数は0.68となり、現時点ではネットネット株ではありません。

まとめ:

ネットネット株指数は0.68でネットネット株には該当していません。

しかし、過去10年間に最終赤字はなく、預け金を含む現金同等物の割合も高いため、ネットネット株水準では比較的安心して保有できそうです。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください