愛眼(9854)の銘柄分析 ― 財務基盤は強固だが業績が・・・。

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

20歳代後半から急速に視力が悪くなり、メガネのお世話になるようになりました。

これからの時期、メガネ+マスクで外出するのは考えただけでも暑くて鬱陶しく感じます。

さて、ネットネット株圏を行き来している銘柄に愛眼(9854)という眼鏡の会社があります。

この記事では、愛眼はどんな銘柄なのか、ネットネット株投資家として「買い」と言えるのか、まとめてみました。

愛眼とは?

愛眼は、

大阪府大阪市天王寺区に本社を置く眼鏡・コンタクトレンズなどの販売を行うチェーンストアである。

関西を地盤に直営店やフランチャイズ店を全国に展開し、中国にも進出している。眼鏡の卸・小売業では業界4位である。東証第1部に上場している。

CMでの「メガネの〜愛・眼」がサウンドロゴで有名。

2011年には、メガネを使った2つのギネス世界記録の認定を受けた。

1つ目は『200人を超えるメガネダンサーがダンスし続ける』というもので、ダンサー及び一般公募で集まった200名以上がチャレンジして成功した。

2つ目は『1,000kgの重さのある車に敷かれても、メガネフレームが壊れずに耐える』というもので、軽自動車(1,030kg)、スポーツカー(1,680kg)、大型4WD(2,475kg)の3台の車で挑戦し、結果、フレームは壊れることなく成功した。

出典:Wikipedhia「愛眼」

しーげるくん

ネットネット株界隈でギネス記録を持っている会社は珍しい!

株主構成は?

出典:SBI証券

主要株主には、関連会社や経営者が名前を連ねています。

買収防衛策は導入されていません。

株価は?

出典:SBI証券

2017年12月には800円台に達しましたが、現在は220円前後で推移しています。

PBRは0.3倍です。

業績は?

売上高は減収傾向にあり、2020年3月期には過去10年で最低の売上高に落ち込んでいます。

過去10年間に最終黒字を計上できた年度は3回しかありません。

2020年3月期も1,200万円の最終赤字を計上しています。

配当は?

2020年3月期は無配に転落しています。

ネットネット株指数は?

流動資産の内訳を見ると、現預金が6割以上を占めており、安定感抜群です。

流動資産から負債を差し引いた正味流動資産は65億円です。

負債が少ない点は好印象です。

時価総額46億円を正味流動資産65億円で割ったネットネット株指数は0.70となり、現時点ではネットネット株ではありません。

まとめ:

ネットネット株指数は0.70となり、現状の株価水準ではネットネット株には該当していません。

現預金が厚く、負債も少ない点は評価できますが、減収・最終赤字が続き業績が低迷している点は残念です。

この業績では、仮にネットネット株水準に株価が下がっても、ポートフォリオに組み込むのは難しいと感じました。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください