加地テック(6391)の銘柄分析 ― 三井E&Sが大株主のネットネット株

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

ネットネット株圏を行き来している銘柄に加地テック(6391)があります。

この記事では、加地テックはどんな銘柄なのか、ネットネット株投資家として「買い」と言えるのか、まとめてみました。

加地テックとは?

加地テックは、空気・各種ガスの高圧・超高圧コンプレッサを主力製品とするメーカーです。

燃料電池車用水素設備も手掛けています。

産業機械メーカーであるため、シクリカルな動きをする銘柄です。

株主構成は?

造船、機械、プラントなどを手掛ける三井グループの重工業メーカー、三井E&S(旧・三井造船)が49.1%の株式を保有しています。

買収防衛策は導入されていません。

三井E&Sとの親子上場解消も期待できます。

株価は?

出典:SBI証券

コロナショックにより、2,700円台から1,500円台へと急落しました。

現在は1,800円前後で推移しています。

PERは15.4倍、PBRは0.51倍、ミックス係数は7.85です。

業績は?

売上高はやや減収傾向です。

過去10年間に最終赤字を計上した年はありません。

配当は?

配当支払実績は安定しており、予想配当利回りは2.15%です。

ネットネット株指数は?

流動資産の内訳を見ると、現預金・預け金などの現金同等物は37%を占めています。

流動資産から負債を差し引いた正味流動資産は47億円です。

時価総額31億円を正味流動資産47億円で割ったネットネット株指数は0.66となり、ネットネット株です。

まとめ:

ネットネット株指数は0.66となり、現状の株価水準ではネットネット株になります。

ミックス係数は7.8、配当利回りは2.1%と割安感はなく、どうしてもポートフォリオに組み入れたい銘柄ではありません。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください