株価不振が続くクリップコーポレーション(4705)の割安度を考えてみた。

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

学習塾とサッカー教室を運営するクリップコーポレーション(4705)の株価不振が続いています。

この記事では、ネットネット株的に割安と言えるか、まとめてみました。

株価:

出典:SBI証券

年初には800円台後半でしたが、600円台前半にまで下げています。

これは過去10年間で最安値水準です。

PERは13.28倍、PBRは0.47倍、配当利回りは6.38%となっており、指標的にも割安です。

ネットネット株指数:

正味流動資産のほとんどを現預金が占めており、36.5億円に達しています。

時価総額28億円を正味流動資産36億円で割ったネットネット株指数は「0.77」となります。

割安ではありますが、ネットネット株には至っていません。

まとめ:

正味流動資産の大半を現預金が占めており、安定的な内容です。

ただし、ネットネット株水準には至っていないこと、43億円のうち5億円を仕組み債に回していること、現預金が多すぎてインフレ耐性が無いことなど、幾らか気にかかる点もあります。

ネットネット株となる500円台前半では果敢に買いを仕掛けたいと思いますが、現状の株価水準では無理するところではないのかもしれません。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください