週次レポート・割安バリュー株投資実績|2020年3月30日~4月3日

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

このシリーズ記事では、ネットネット株を含む割安バリュー株への投資が資産形成に有効と言えるか、判断の材料になるよう週次実績を公開しています。

今週の取引:

4/3(金)
昭栄薬品(3537)・ドライルーブ(4976)・イワブチ(5983)・テクノスマート(6246)を売却。

東京都知事が緊急事態宣言発令時の対応について発表したり、急に30万円の一律給付の報道が行われ、「緊急事態宣言発令が近し」という雰囲気が漂ってきました。

そこで、不本意ではありますが、レバレッジを落とすため、ネットネット株指数の高い昭栄薬品(3537)を823円、ドライルーブ(4976)を1774円、イワブチ(5983)を4805円、テクノスマート(6246)を647-8円、ナカヨ(6715)を1356円で売却しました。

ネットネット株指数が一定基準以下の銘柄は、株価の低い水準で買い改めたいと考えています。

今週のポートフォリオ:

※レバレッジ1.72倍

まだまだリスキーな状態が続いています。

今週の各銘柄の動き:

なかなか厳しい一週間でした・・・。

ポートフォリオの資産推移:

再びマイナス圏に撃沈しています・・・。

来週以降は、これまで以上に、生き残ることを最優先に相場に臨んでゆきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください