週次レポート・割安バリュー株投資実績|2020年3月16日~19日

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

このシリーズ記事では、ネットネット株を含む割安バリュー株への投資が資産形成に有効と言えるか、判断の材料になるよう週次実績を公開しています。

今週の取引:

3/17(火)
イワブチ(5983)を新規購入。

ネットネット株になったイワブチ(5983)は、新型コロナの影響を受けにくい業種であると考え、4,700円で新規購入しました。

3/18(水)
丸文(7537)を一部売却。

丸文(7537)の保有株数が増えすぎたため、473円で一部売却しました。

3/19(木)
JR東海(9022)を売却。ドライルーブ(4976)を新規購入。

レバレッジ縮小を図るため、JR東海(9022)を同値撤退しました。

一方、ネットネット株になったドライルーブ(4976)を新規購入しました。

今週のポートフォリオ:

※レバレッジ1.89倍。

引き続き高レバレッジ・ポートフォリオになっているため、戻りを売却し、銘柄の整理を勧めてゆきたいと思います。

今週の各銘柄の動き:

リバウンドした銘柄が多くあり、ホッと一息付いています。

JR東日本やJR東海などの鉄道銘柄は大きく戻りを試している一方、プレセンスやコスモスイニシアなどの不動産を多く保有する企業は値崩れを起こしています。

ポートフォリオの資産推移:

レバレッジ効果により、先週比16.95%の上昇となり、TOPIXをアウトパフォームしています。(来週以降どうなるかはまったく分かりませんが・・・)

まとめ:

毎日、総悲観を体感している相場で、リートや債券、通貨、原油の値動きも異常な状態が続いています。

そうした中で、思いがけない優良銘柄がネットネット株になっていますので、来週以降も丁寧に拾ってゆきたいものです。

今週もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください