ネットネット株の協栄産業(6973)を新規購入しました。

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

昨日(2020年3月2日)、協栄産業(6973)を1,098円で購入しました。

この記事では、協栄産業とはどんな銘柄なのか、まとめてみました。

協栄産業(6973)とは?

協栄産業は、三菱電機系のエレクトロニクス関連商社です。

「協栄」の社名は、顧客や仕入先と自社が協(とも)に栄えることを願って命名された。

設立当初は金属雑貨や電気器具の製造販売を行っていた。現在は、電子部品、金属材料、産業機器等の販売をはじめとして、ソフトウェアやシステムソリューションの開発、プリント配線板や情報通信機器の製造を手掛けている。

Wikipedia「協栄産業」

・・・という企業です。

電気機器を扱っており、景気変動の影響を受けやすいシクリカル銘柄です。

最近の株価は?

現在の株価は1,100円台で、2011年3月の東日本大震災以来の安値水準となっています。

出典:SBI証券

PERは17.7倍、PBRは0.3倍と割安です。

業績は?

売上高は減少傾向にあります。

2014年・2016年・2019年に最終赤字を計上しています。

配当は?

配当利回りは3.44%とまずまずです。

ネットネット株指数は?

正味流動資産は、受取手形・売掛金が大半を占めるBond型で、70.1億円です。

時価総額37.1億円を正味流動資産70.1億円で割ったネットネット株指数は「0.52」で非常に割安です。

まとめ:

シクリカル銘柄で、過去10年間に3回の赤字年度があるため、これまで投資を控えてきました。

しかし、ネットネット株指数が「0.50」の水準は極めて割安であると考えて、購入に踏み切っています。

ネットネット株指数が「1.0」に達する2,200円付近を目指してもらいたいものです。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください