市場暴落時の基本戦略と【臨時改訂版】ネットネット株ランキング

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

昨日(2020年2月25日)、新型コロナウイルス感染症の流行拡大を懸念して、日経平均株価は781円(3.3%)下落しました。

ネットネット株は、基本的に、値崩れしにくい傾向を持っているとはいえ、急落時には、多くのネットネット株がある程度値を下げて、割安な水準で購入するチャンスが到来することがあります。

今回は、私の採っている暴落時の戦略と、2月25日終値時点でのネットネット株ランキングをご紹介します。

市場暴落時の戦略:

今回のような市場暴落時の基本戦略は、

「ネットネット株指数が『0.66』や『0.50』の節目となる水準に指値を置く」

というシンプルなものです。

ネットネット株は流動性の乏しい小型株が多いため、前日終値との差が開いていても、思いがけず約定することがあります。

暴落時は、値幅が大きくなり、デイトレードなどでも利鞘を得やすいと言われていますが、私は短期裁量トレードが苦手なので手を付けていません。

昨日の急落では、シャルレ(9885)が、ネットネット株指数「0.5」の水準である437円で指値約定しました。

【臨時改訂版】ネットネット株ランキング

ランキング1位がササクラから丸文に入れ替わったこと、ランキング銘柄数が17に増えたことなど、多くの変化が見られました。

株価変動が大きい急落時は、ネットネット株投資家としては利益の源泉とも言えるタイミングですので、勇気をもって安値を拾ってゆきたいところです。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください