ネットネット株のカネソウ(5979)はどんな銘柄?

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

ネットネット株ランキングにはカネソウ(5979)という銘柄がランクインしています。

割安株の宝庫である名証2部に上場する企業ですが、どのような銘柄なのでしょうか?

今回の記事では、カネソウはどんな銘柄か?安全域の厚い銘柄と言えるのはなぜか?取り上げます。

カネソウとは?:

カネソウは、

マンホール蓋、溝蓋、排水金具等の金属金具の建材を製造・販売する総合建築建材メーカーである。

出典:Wikipedia「カネソウ」

という会社です。

単なる建設部を製造する企業に留まらず、地震等による建物の損壊を防ぐエキスパンションジョイントや、建物に降り注いだ雨水を清掃やガーデニングなどの水撒き用の水として貯えておく雨水利用システム屋上緑化・壁面緑化をサポートする製品を提供しており、防災・環境保全関連銘柄として注目していきたい企業です。

最近の株価:

出典:SBI証券

過去10年間の月足チャートで確認すると、今の株価が高値圏にあるとは言えません。

問題は、株価よりも流動性です。

出典:SBI証券

ご覧のとおり、取引が成立しない日がかなりあり、希望の金額ですぐに入手できないのが難点です。

予想PERは28.03倍、PBRは0.45倍です。

業績:

公共投資が低調で土木需要が低下していることから、売上高は減少傾向にあります。

材料費の高騰や人件費の上昇により、ここ数年利益が低くなっていましたが、販売価格の改善などにより持ち直しています。

配当:

安定した配当実績を持っています。

配当利回りは3.46%とまずまずです。

ネットネット株指数:

正味流動資産は97億円程になります。

その大半が現金・預金ですので、安心感があります。

12月30日時点の終値4,330円で算出した時価総額62億円を、正味流動資産で割ったネットネット株指数は「0.64」となり、純然たるネットネット株になります。

まとめ:

業績は安定しており、配当利回りは良い、保有していても安心感のある銘柄です。

最大の欠点は流動性が乏しい、ということでしょうか。

板が薄いので大量に買い集めることは難しいので、少量をポートフォリオに加えるということになるかもしれません。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください