ネットネット株指数が0.50を下回る日和産業(2055)はどんな銘柄か?

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

ネットネット株ランキングを見ると、ササクラ(6303)に次いで第2位に入っているのが日和産業(2055)という銘柄です。

日和産業とは、どんな銘柄なのか?気になる方もおられるかもしれません。

今回は、この日和産業が安全域の厚い銘柄として投資対象になるのか、考えてゆきたいと思います。

日和産業とは?:

日和産業は、

独立系中堅の配合飼料メーカー。養鶏・養豚・養牛・養魚・実験動物用飼料の製造販売、畜産物の生産販売を行っている。

Wikipedia「日和産業」

という会社です。

出典:「日和産業」ホームページ

本社は神戸市に所在し、工場・農場の多くは兵庫県以西に立地しており、西日本地盤の企業です。

軍需・たばこ・アダルト・ギャンブル産業とは関係せず、個人的に投資対象になる銘柄です。

最近の株価:

出典:SBI証券(青の支持線は当ブログで記載)

現在250円前後で推移しています。

過去10年間の月足チャートを見る限り、現在の株価は高値圏ではありません

また、2011年3月を起点として、下値を切り上げており、一定の安心感が得られるチャート形状です。

2019年12月30日現在で、PERは14.91倍、PBRは0.28倍で割安であることを示しています。

業績:

原料価格が不安定であることや、他社との競争激化により、売上高は減少しましたが、直近ではやや持ち直しています。

2010年以降、最終赤字を計上した年はなく、安定しています。

配当:

安定した配当実績を持っています。

配当利回りは1.96%です。

ネットネット株指数:

正味流動資産は108億円余りです。

その大半が現預金・売掛金であり、流動性の高い資産が高い割合を占めています。

12月30日終値255円で算出した時価総額53億1100万円を、正味流動資産で割ったネットネット株指数は「0.49」となります。

まとめ:

ネットネット株ランキング2位に入るだけあり、超割安な銘柄です。

業種は地味でまったく注目されていませんが、業績・配当は比較的安定しています。

水準修正がいずれ入ることになると思いますので、焦らず気長に保有してゆきたい銘柄です。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください