ネットネット株投資戦略のバックテスト結果

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

ネットネット株投資を長期間に渡って続けて利益を得るためには、この戦略の優位性を確信している必要があります。

市場の暴落時にも動揺せずにネットネット株への投資を続けるには、この戦略のバックテスト結果を把握していることが役立ちます。

そこで、今回の記事では、ネットネット株投資戦略のバックテスト結果が示されたレポートをご紹介したいと思います。

バックテストが行われている論文:

ご紹介するのは、2010年に、Tobias Carlisle,Sunil Mohanty,Jeffrey Oxmanという3人の研究者が執筆した“ Ben Graham’s Net-nets: Seventy-Five Years Old and Outperforming ”という論文です。

この論文の中で、執筆者は、1984年から2008年までの24年間にわたるネットネット株戦略のバックテストを行いました。

米国株を対象にしたものではありますが、幾つかの好景気と不景気を含む長期間のバックテストとして貴重な示唆を含んでいます。

英語を読める方はぜひ原資料に当たっていただきたいと思いますが、ここでは簡単にその内容をご紹介します。

ネットネット株の定義:

この論文でいうネットネット株とは次のような銘柄です。

ネットネット株とは、時価総額が正味流動資産(Net Current Asset Value,NCAV)の2/3未満である会社です。

ここでいう「正味流動資産」は、

正味流動資産=流動資産-(負債+優先株式)

という数式で表されています。

この条件に適合するネットネット株数は毎年変化しており、 最も少ない1984年には13銘柄だったのに対し、最多を記録した2002年は152銘柄でした。

出典:“ Ben Graham’s Net-nets: Seventy-Five Years Old and Outperforming ”

このネットネット株に該当するすべての株式が12月31日に購入され、1年後に売却されると想定してバックテストが行われました。

バックテスト結果

出典:“ Ben Graham’s Net-nets: Seventy-Five Years Old and Outperforming ”

上記の図は、ネットネット株戦略と、NYSEアメリカン総合指数の月次リターンを比較したものです。

NYSEアメリカン総合指数は、NYSE Americanが運営する小型株の株式市場(Small Cap Equity Market)の全体動向を反映する指数となるため、小型株が対象となりやすいネットネット株戦略と比較する上でもっとも適切な指数と言えます。

このバックテストの結果、ネットネット株ポートフォリオの平均月間収益は2.55%でした。

一方、NYSEアメリカン総合指数の月次リターンは1/3程度の0.85%に留まりました。

毎年、ネットネット株ポートフォリオは、NYSEアメリカン総合指数をはるかに上回る22.42%という優れたパフォーマンスを発揮しています。

ネットネット株ポートフォリオがNYSEアメリカン総合指数にアンダーパフォームしたのは、1989年から1991年までの1期間に過ぎませんでした。

ネットネット株ポートフォリオが高収益を上げた3つの理由

ネットネット株ポートフォリオが高収益を上げた理由として、執筆者は3つを要因を上げています。

  1. 株式の変動リスク
  2. 時価総額が小さいこと
  3. 流動性が乏しいこと

しかし、この3つの理由だけではネットネット株の高い収益性を説明し尽くすことはできません。

まとめ:

ネットネット株投資は、ベンジャミン・グレアムが80年以上昔に提唱した戦略であり、現代における有効性を疑問視する声もあります。

しかし、今回ご紹介したバックテストによれば、依然として米国株では優位性を確認することができます。

米国株に限定したデータではありますが、シンプルで機械的な投資戦略でも確かなリターンを上げられることが分かります。

こうしたデータ的裏付けを知っているなら、多少の暴落でも動揺せずに、この投資戦略を続けることができるのではないでしょうか。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください