まったく上昇する気配のないネットネット株―ダントーホールディングス(5337)

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

ネットネット株の多くが8月後半以降大きく値上がりしており、どんどん割安感が失われています。

「新規で購入できるネットネット株がない~」とお困りの方も多いと思います。

しかし、そんなネットネット株界隈の中にも、まったく値上がりしていない銘柄があるのです!

それは、ダントーホールディングス(5337)です。

※以前の記事はこちら。

今、このダントーホールディングスを購入する、というのはアリなのでしょうか?

個人的にそんな疑問が湧いてきたので、この記事では、ダントーホールディングスを詳しく分析してみます。

最近の株価:

出典:SBI証券

過去10年間の月足チャートで見ると、現在の株価は比較的低い位置にあります。

出典:SBI証券

この1年の日足チャートは恐るべきヨコヨコです。

8月以降、値上がりしているネットネット株が多い中、まったく値上がりしていません。

業績:

売上高は先細り傾向にあり、2019年・2020年予想もパッとしません。

最終赤字を計上している年度が多く、この先も赤字が継続する予想が出ています。

そして、ネットネット株では唯一の「継続前提に重要事象」有りの銘柄です。

配当実績:

当然、無配です・・・。

ネットネット株指数:

正味流動資産は、投資有価証券が大半を占めるStock型で、56億6400万円になります。

3か月前よりも4億円程増加しています。

時価総額を正味流動資産で割ったネットネット株指数は「0.61」と割安で、引き続き純然たるネットネット株です。

まとめ:

ハッキリ言って、魅力的に思える要素がありませんでした。

だから、8月以降もまったく上がっていないのでしょうね。

ネットネット株指数が「0.5」を割り込むような水準である90円台前半に達すれば、ぜひ買いたいと思いますが、今の中途半端な価格では買いに動けません。

当面、スルーせざるを得ない状態です。

とはいえ、こういう低位株に限って、全体相場が崩れているときに株価が上げたりするのが、株式投資の難しいところです。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください