大幅増益の中間決算を発表したシャルレ(9885)-ネットネット株指数は?

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

今週水曜日(2019年11月13日)、シャルレ(9885)が中間決算を発表しました。

この中間決算により、ネットネット株としての割安度合いにどんな変化が見られたでしょうか。

今回の記事では、発表された数値をチェックし、引き続き投資対象になるか確認していきます。

シャルレを保有している方や、購入を検討している方にご覧いただきたい記事です。

業績

第2四半期累計期間の売上高は、81億3800万円で、昨年比1.1%の増収でした。

消費増税前による駆け込み需要が追い風になった模様です。

※第2四半期累計期間の比較。単位は百万円。

また、純利益は2億5200万円で、昨年比282.5%の大幅増益を計上しています。

売上高の増加や販管費の減少が大きく寄与したことが増益要因とされています。

※第2四半期累計期間の比較。単位は百万円。

ネットネット株指数

第2四半期を終えた時点での正味流動資産は、105億4300万円でした。

第1四半期と比較して3億6100万円程、正味流動資産が増加しています。

また、引き続き現金を131億円も保有しています。

※単位は百万円。

11月13日終値424円で算出したネットネット株指数は「0.646」となりました。

※単位は百万円。

まとめ

大幅な増益を計上しましたが、通期上方修正は発表されませんでした。

おそらく、消費増税による売上高の反動が予期されるため慎重に見積もっているためかと思われます。

しかし、正味流動資産は厚みが増しており、安全域が拡大していますので、引き続きポートフォリオの一角を占める銘柄としていきます。

今回もお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください