【ネットネット株】シャルレ(9885)の銘柄分析

こんにちは、シーゲル(@siegelist1)です。

社名がフランスの名優シャルル・ボワイエに由来するというシャルレ。元全日本代表のバレーボール選手だった三屋裕子さんが代表取締役社長を務めたことでも知られています。

扱う商品が〓〒※➤▼で、あまりに深入りすると、妻から変態扱いされそうなので、さっそく株価分析から始めます。

1.直近の株価

直近6か月間ずっと、420円前後で推移していましたが、この数週間400円前後に下落しています。

シャルレ 株価 チャート
2019年3月から9月にかけての日足チャート。

2.ネットネット株としての投資対象になるか?

シャルレ株は、安全域を保つネットネット株と言えるか、確認してみます。

 2-1.業績:△(普通)

売上高は、2016年3月期のわずかな増収を除き、毎年減収が続いています。

2010年3月期から2019年3月期にかけての売上高推移(単位:百万円)

経常利益も低下傾向です。

2010年3月期から2019年3月期にかけての経常利益推移(単位:百万円)

この10年間で赤字を出していないので、最低限の基準はクリアしていますが、不安の残る業績です。

 2-2.配当:○(良い)

配当金も減少傾向にありますが、とりあえず無配はありません。

2010年3月期から2019年3月期にかけての配当金(単位:円)

 2-3.ネットネット株指数

シャルレ株は、現金預金が119億円以上を保有するキャッシュリッチ型のネットネット株です。

正味流動資産は101億円8,200万円に達します。

正味流動資産は101億円を超えています。

正味流動資産は時価総額をはるかに超過している。

時価総額65億円を正味流動資産119億円で割ったネットネット指数は、

0.63!!

です。

10,000円の入ったお財布を6,300円で買えてしまうようなものです。

しかも、現金預金が潤沢で、時価総額をはるかに凌駕しています。

(単位:百万円)

3.結論

シャルレ株は、業績や配当にはやや不安を感じますが、キャッシュリッチ型のネットネット株です。

ネットネット株指数は0.6台にあるため、安全域を保ったネットネット株としてポートフォリオに加えています。

シャルレ株の優待をどうしようか・・・と心配しておられる男性陣も、男性用商品を選択できますのでどうぞご安心を。

お読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください