2221 岩塚製菓

岩塚製菓(2221)の銘柄分析です。

岩塚製菓とは:

煎餅やおかきなどの米菓を作っている会社です。

「大人のおつまみ」シリーズの「えび黒こしょう」は絶品で、おやつに最高です!

トピック:中國旺旺控股有限公司の大株主

岩塚製菓は、中国最大の菓子メーカーである中國旺旺控股有限公司の株式を大量保有しています。

「旺旺」ブランドは、中国国内でとても有名で、煎餅ややソフトキャンディーの製造販売で圧倒的シェアを占めているとのこと。

そんな企業の株式を大量保有し、毎年多額の配当収入を得ています。

株式動向:

直近1年の高値である、2018年9月の5,200円から25%以上下げて、4,000円を下回る水準に留まっています。

この岩塚製菓は、投資対象になるのか、確認していきます。

1.業績推移:

売上高営業利益純利益
2015/322,0144581,697
2016/322,378391294
2017/323,0253741,232
2018/323,792661,023
2019/322,97781,311

一応、黒字を維持してはいますが、昨年度の営業利益が800万円とは、なんとも心もとない・・・。旺旺集団からの配当で利益を出してます。

一応、2009年までさかのぼったところ、当期純利益は黒字を維持していました。

2.配当実績:

配当金(円)
2014/318
2015/318
2016/318
2017/318
2018/320
2019/322

配当利回りは、0.62%と低いものの、安定して配当を出しています。

3.ネットネット株分岐点:

現金及び預金1,781,876,000
受取手形及び売掛金3,560,265,000
貸倒引当金△77,033,000
投資有価証券56,576,464,000
貸倒引当金△29,131,000
高い換金性をもつ資産合計61,812,441,000
負債合計△19,042,552,000
高い換金性をもつ資産から負債を差し引いた額42,769,889,000
株式数5,995,000
ネットネット株分岐点7,134

ネットネット株分岐点は7,134円となり、4,000円を下回る水準に留まる岩塚製菓株は、かなり割安なネットネット株ということになります。

まとめ:

営業利益は低めですし、配当利回りも低いですが、圧倒的に割安水準にあるネットネット株であるため、ポートフォリオに含めておきたい銘柄の1つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください